学校法人 小関学院 専門学校 東都リハビリテーション学院

学校紹介
学科案内
施設紹介
募集要項
学校行事
クラブ活動
在校生・卒業生の声
東都ニュース
交通アクセス
説明会・体験入学
資料請求・お問い合わせ
Q&A何でもE-mail










学校紹介

あゆみ

 

あゆみ
昭和45年 各種学校東京身体均整学院設立
昭和51年 専修学校法施行により専修学校医療分野の専門学校となる
昭和63年 学校法人小関学院設立許可となる
平成3年 厚生大臣認定事業、健康運動実践指導者養成校として認定される
平成4年 本校創立者 小関勝美初代理事長急逝、小関博久現理事長が後任となる
平成8年 理学療法学科を併設し、専門学校 東都リハビリテーション学院と改名
平成9年 スポーツトレーナー学科を新設
平成10年 (財)日本体育協会公認アスレティックトレーナー講習会免除適応校に認定される
平成11年 スポーツトレーナー学科をアスレティックトレーナー学科へ改称
平成14年 理学療法学科2部 開設
平成16年 理学療法学科1部 増員

 

期待のエキスパート、理学療法士を育成します。

リハビリテーション医療は、「後療法」から「急性期より積極的に行う医療」へと変身を遂げてまいりました。 今日では、第一線の医療機関における早期リハビリテーションの現場は勿論のこと、高次救命救急センターにまでも理学療法士の需要が拡がってきております。

また、医療技術の進歩により我が国は世界的長寿国になりましたが、一方では世界に類を見ない高齢社会の到来を招いています。 それとともに、障害を残したままの生活を余儀なくされている老人も増加しており、これら障害を持った方と生活を共にする家庭の社会的負担もまた大きくなっ ております。 このように障害者をとりまく環境が多様化し、多くの社会問題となっている今日では、専門知識や技術のみならず、障害者や家族の問題を正面から受けとめられ る豊かな人間性を持ち、医療から福祉の分野にかけて幅広く活躍できる専門従事者が待望されております。 本校理学療法学科では、このような社会のニーズに応えることができる理学療法士の養成を目標としています。

どんなに医学や科学が進歩しても、人間を対象とする職業では、豊かな人間性が最も重要であると考えます。 本校では、豊富な知識や技術の習得だけでなく人々の健康や幸福を願う気持ちを持つことができる理学療法士の育成を目指していま す。


専門学校 東都リハビリテーション学院 学院長
医学博士 小関 博久



理学療法士及び作業療法士法は1962年に制定されました。

リハビリテーションとは身体に何らかの障害を来した人に対して、医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・医療相談員・義肢装具士・家族・その他多くの人たちが関わりを持ち早期に家庭や職場等の社会に自立した状態で復帰する手助けする事をいいます。
リハビリテーションでは各職種の人たちが一人の人に係わるため常に情報の交換を行っています。情報の交換を行うためには、コミュニケーションが大切で各職種の一人一人が同一言語を用い障害を来した人の状態を間違いなく同じレベルで理解し合うことが、早期に社会へ復帰させることが可能となる一要因だと思っています。
東都リハビリテーション学院では、リハビリテーションの一員である理学療法士を育て職場へと送り出しております。この理学療法士とは、身体機能の低下を来した人に対して、特定の手段をもって働きかけ、身体活動能力の改善、もしくは解決の援助を行うことにあります。
そのため、対象となる方々の身体的問題・社会的問題を適切に捉え、原因を科学的に追求する姿勢や態度が必要となります。的確な治療方針や回復の予測を提示できるなど、科学性に基づいたリハビリテーションサービスが提供できる人材を育てることは、教育の場において重要なことであります。

一方、私が臨床の場で理学療法士として常に心がけていたことは、知識と技術への探究心を持ち続けること、またコミュニケーション能力を伸ばすことでした。やる気と忍耐力、行動力を持ち続けることの大切さを実感じました。また、約30年という臨床の場において、数多くの対象の方々や医療専門職種の方々と出会う機会がありました。数え切れないほどの人と接して、人の温かみを感じ、多くの人とつながることで、自分自身の人間性を豊かにし、人間関係を築く上でのコミュニケーションの大切さを感じました。人が人と直接、しかも密接な関わりを持つことができる理学療法士の仕事は臨床の場において実感できることであります。
本学院は、教育と臨床の場の連携を充実することを大切にし、これからも人間を大切にする理学療法士を育む必要があります。

ところで、私がまだ理学療法士になった頃、医療現場においては理学療法士としての専門職は草創期であり、一般的にも専門職種としての認識が薄かった時代でありました。しかし、将来の医療において、とても重要な役割を担う分野の職種であり、医療現場においては非常に期待される職種としての一面もありました。
現在は、昨今の医療における諸問題によって、さらにリハビリテーションの役割が重要となる時代になっており、今後は経済性の問題等を含め職域の拡大を模索して行く時期に来ていると思います。理学療法士は今後さらに幅広い視野をもって活躍することが求められる時代がやってきています。
本学科においては、医療現場だけでなく、スポーツや介護・福祉分野に至るまで幅広い分野で活躍できる人材を養成するために、その分野の多くの知識と技術を身につける教育が多く取り入れられています。また、リハビリテーションはひとりでなくチームとして活動するために、対象者やその家族、さらには他の医療職種とのつながりを築くためにコミュニケーションが求められます。そのため専門職として自ら学び続ける姿勢を持ちながらコミュニケーション能力に長け、温かみのある豊かな人間性を育めるよう学生生活にも工夫をしています。

 理学療法学科は平成8年度に新設され、学院長を筆頭に英知を集結し、教職員が一丸となって活動してきました。本学科からの多くの卒業生は、臨床現場の第一線で活躍し続けています。このことは学内と臨床との連携の結果だと確信しています。
今後も常に見聞を広め、情報をすばやくキャッチし、時代に必要とされまた各現場から必要とされる人材を育てる教育活動を目指したいと思っています。


専門学校 東都リハビリテーション学院 副学院長 小野 晋





東都ニュース

平成25年度 第49回 理学療法士 国家試験現役生合格率

2014年2月23日(日)に実施された第49回理学療法士国家試験に、本校理学療法学科が受験いたしました。全国の合格平均が83.7%と昨年度より大幅に低下するも、本校は98.8%と今年も高い合格率を勝ち取ることができました。

すでに新しい年度を迎え、新4年生が第50回国家試験に向けてスタートしております。本校では、より一層、教職員が力を合わせて指導していく所属でございます。



眞田崇さん 現場では「何が学べるか」ではなく、「自分に何ができるか」を向きあい高めよう

この度、理学療法学科T部10期生の眞田崇さんが2012年ロンドンパラリンピック車椅子バスケットボール競技に日本代表トレーナーとして帯同しました。

本校理学療法学科を卒業し、現在なかやま整形外科(横浜市)にて理学療法士として従事しつつ、学生時代より週2回、片道2時間かけて千葉県障害者スポーツ・レクリエーションセンターにて活動をする車椅子バスケットボールチーム「千葉ホークス」にてトレーナー活動を行っています。

まずは、車椅子バスケットボールでの主なトレーナー活動を教えて下さい

練習前に選手たちがベストな状態で練習できる環境づくりから始めます。ドリンクの準備、ボールなどの設備準備などです。また、マッサージやテーピングなど、選手達のケアを行います。そしてチーム練習が開始すると、ウォーミングアップ指導やトレーニング指導などを行いつつ、水分補給などを行います。
練習後は疲労が蓄積しないよう負荷のかかった部位へのアイシングやケアを行い、片付けを行います。
車椅子バスケットボールで多い突発的な怪我で多いのは指の外傷です。また、転倒時やブレーキ時の手首への怪我も非常に多いです。 疲労が蓄積しやすい肩や肘などへの障害も重視しています。

ロンドンパラリンピックでの活動を教えて下さい。

初戦は8月30日、私達は試合1週間前の8月23日にロンドンに入り、帰国した9月11日までおよそ3週間滞在しました。懸念していた時差に対するコンディションも、選手に負担なく、自然なリズムで日常生活を送らせ1週間かけて戻すよう考慮しました。移動は日本選手団、様々な種目がまとまって一緒に移動しました。ロンドンまでは飛行機で13時間くらいかかりました。

選手へのコンディションサポートで留意したことは何でしょうか。

コンディションで留意していたことは、まずは栄養面です。慣れない環境での3週間の滞在で、選手村の食事に飽きて食欲が衰えてしまうことを懸念しました。日本選手団本部の管理栄養士に1人1人の食べるものを写真で送付し、確認していただきフィードバックしていただきましたので非常に心強かったです。
1試合目までの食事スケジュールをしっかり管理し、3〜4日目で慣れてくると近くのスーパーマーケットで日本食を手配したりしました。
身体面では、初戦まで1週間ありましたが、練習できる場所は各国で2時間ずつしか利用できませんでしたので、その中で選手1人1人の個人差を補うために別途ウェイトトレーニングを行いました。練習負荷が弱いと体重の増減にもつながりますし、身体に刺激を入れるため細かい管理に配慮いたしました。
心理面では、選手は緊張から特に過敏になっており、日常の些細な変化により大きなストレスにつながるので配慮が必要でした。選手村ではwi-fiがつながっていたので、選手が日本にいる家族と連絡をとれることができ、ストレス軽減にもつながりました。
特に、普段から行っている自覚的コンディショニングチェックのデータにより、選手達の睡眠時間が6時間以下だと7時間以上の時と比べて、試合や練習の集中力が低下している傾向があったため、毎日7〜8時間とれるようなスケジュールを組みました。




結果9位という結果でしたが、負けている中でチームの雰囲気をしっかり捉えながら、次の試合につながるようメンタリティにも配慮が必要でした。
改めて思い返すと、試合終了後、選手が自分自身でケアやリカバリーしている意識の高い選手は、当日や翌日も調子が良かったです。選手が自分でも自己管理してコンディションを作れることが必要だと感じた。普段の練習からも選手自身が自己管理できるよう指導していきたいと考えます。

日本は海外選手と比べてフィジカル面、特に後半に差が出るので、走る役割の選手は、他の役割の選手と比べて、シャトルランなど心拍数を更に高められるようなアップを工夫して、試合開始すぐに発揮できるよう配慮しました。


今回の経験で感じたことはありますか。

パラリンピックは観客も多くて、試合中は周りの声も全然聞こえない状況でした。
選手達やスタッフはそういう状況を事前に把握をしていても、独特な雰囲気がありました。普段の試合や練習から、そのような環境をより想定して取り組む必要があると感じました。

パラリンピックを通じて、選手の障害を負った背景に国特有の背景が強いことが分かりました。日本では交通事故が多いようですが、戦争によって障害を負う選手が多い国、銃社会によって銃で障害を負ったりと背景はさまざまでした。選手村では、他国の選手が長い距離を移動するときはキックボードを利用したり、ドイツでは運転できるバイクのような車椅子を利用していたり、日本ではあまり見られない工夫が見られました。

車椅子バスケットボール競技を通じて感じたことは、試合に入るまでの準備やスケジュールを大切にして、試合で選手が最大限のパフォーマンスを発揮できるよう反映出来なければなりません。いくら準備していても、スポーツの一瞬や結果で、全てを評価される厳しい現状もあります。特に大会の規模が大きければ大きいほど、求められるし、個人的にもトレーナーの役割が試合の1点、2点に影響してくると感じました。

最後に東都リハビリテーション学院の後輩たちにメッセージを

東都リハビリテーション学院はスポーツが好きなクラスメイトが多かった印象です。卒業後の今でも、お互いの活躍を刺激しあえる仲間たちです。今となって振り返ると、同じ目標をもった仲間は本当に財産です。

同じような志を抱いている方にアドバイスさせていただくとしましたら、「継続すること」だと思います。私は学生の頃から同活動を続けており、平日は学校に通い、週末はほとんど車椅子バスケットボールでの活動を行いました。「何を学べるか」ではなく、まずは参加して見学し、自分なら何が出来るのか、または出来ないのかをしっかり確認することが必要です。継続して活動することでチームや信頼関係を築くことが大切です。頑張りましょう。

眞田さん、ありがとうございました!



■平成23年度 理学療法士国家試験 合格率100%!
    資格に強い東都リハビリテーション学院、再び。

平成24年3月30日(金)、平成23年度 理学療法士国家試験の合格発表が厚生労働省より行われました。見事、本校から受験した現役在校生は全員合格いたしました!
毎年の国家試験の出題傾向を分析した国家試験対策講義をはじめ、学生1人1人が一生懸命頑張り、力をあわせた集大成が見事、結果につながりました。 今春より理学療法士として羽ばたき、社会や医療に貢献できるよう頑張ってください。
これまで、「資格に強い東都」「就職に強い東都」と多方面から評価いただいておりましたが、これに驕らず、これからも人間性豊かな人材の育成と学生が確実に資格を取得し、第一線の医療現場で活躍できるよう、教職員一同努めていく所存です。

再受験の合格率も大幅アップ!

一度、卒業してしまうと再受験の合格率は約20%(平成22年度実績)と非常に低い合格率でした。しかしながら、23年度は既卒生達も頑張り、平成23年度本校の既卒生の合格率は77.1%でした。



国家試験を終えたばかりの学生にインタビュー。

須永皓さん
須永皓さん 国家試験は緊張しました。常に国家試験に合格している自分を思い浮かべ、何度も参考書を読んだり、過去問を解きました。また学校が閉まる時間まで、教室でクラスメイトと知識を共有しながら勉強しました。今は理学療法士として働くことの不安と期待で胸がいっぱいです。
 

水島竜太さん
水島竜太さん 正直、国家試験前日までは緊張しましたが、先生方や友だち達にも恵まれて無事に試験を終えることができました。主に過去問題を解きながら、1つの参考書に頼らず複数の参考書を使った勉強をしました。また、学校の図書室をよく利用していました。
 

黒木一也さん
黒木一也さん 国家試験には東都での4年間を全てぶつけて望んだので達成感でいっぱいです。勉強と息抜きをメリハリつけて取り組めました。集中力を持続させることが大切です。苦労の先にある小さい光を追い求めば、良い結果が待っていると思うのであきらめずに頑張ってください。
 

鰐部雄心さん
鰐部雄心さん 国家試験を終えてとても安心しています。勉強する範囲を過去問題と照らし合わせながら勉強しました。また、学校では国家試験対策講義を日々復習していました。気持ちに余裕がもてるよう、4年生の4月から勉強した方が良いと思います。
 

大内達矢さん
大内達矢さん 国家試験をおえた今、開放感で気分爽快です。教科書で分からない部分を確実に調べ、過去問題を繰り返し解き、対策しました。分からない部分をそのままにしないことが大切です。日々の努力を忘れずに頑張ってください!
 

石川渚さん、前川直美さん、晝田さおりさん、野村美帆さん
石川渚さん、前川直美さん、晝田さおりさん、野村美帆さん 無事に国家試験が終わり嬉しいです。クラスメイト同士、教え合って勉強しました。また、過去問題を何度も解きました。(後輩たちへ)国家試験まで全力で頑張ってください!油断は禁物です。
 
国家試験を無事に終えて安心しつつも、理学療法士としての第一歩に期待と不安が満ちている様子ですね。4年間の集大成を発揮した後は写真の通り、みんな良い表情をしています。後輩たちも是非とも続くよう頑張ってください!

 

■東都リハビリテーション学院 
    第2回クラス会を開催します!

早いもので東都リハビリテーション学院が開校してから 13 年の月日が経過いたしました。
この間に夜間部の創設や新校舎の増設など、当学院を取り巻く環境も大きく発展してまいりました。
これまで約 500 名の卒業生を社会に送り出しており、卒業生の活躍の声が各方面から聞こえてくるようになりました。
そこで卒業生間の交流を深めるために、東都リハビリテーション学院を卒業した 1 期生から 4 期生までのクラス会を下記の日程で行いたいと思います。また、クラス会の前に新校舎にて学院長小関博久先生の特別講演を予定しております。ご多忙の中、ふるっての参加お待ちしております。


◆クラス会の詳細◆

■日程    平成20年11月8日(土)
         17:30〜21:00

■特別講演 「整形外科領域の進歩」
         17:30開始(17:00より受付開始)
【講師】 東都リハビリテーション学院 学院長 小関 博久 先生
【場所】 東都リハビリテーション学院 新校舎講堂

■クラス会  19:00開始(18:30より受付開始)

【場所】  駒場エミナース「飛鳥」
〒153−0044 東京都目黒区大橋2−19−5
TEL 03−3485−1411

 

■ 難関突破!!今年も日本体育協会公認アスレティックトレーナー検定試験に合格しました!
平成19年5月11日(金)、平成18年度(財)日本体育協会公認アスレティックトレーナー検定試験の 合格発表が行われました。昨年に引き続き、今年も卒業生の中から難関であるアスレティックトレーナー試験の合格者が誕生しました!
アスレティックトレーナー学科では、在校生に年間を通して様々な試験対策を行ったり、卒業生に対する資格試験のサポート等を行っています。
学生一人一人を学科全体としてサポートしていく姿勢は非常に心強いですね!おめでとうございます!!

 

■ 祝!理学療法士国家試験 今年も全員合格しました!
理学療法学科T部は6年連続合格率100%!!
平成19年4月10日(火)、第42回 理学療法士 国家試験の合格発表が行われました。
理学療法学科T部U部とも、卒業生全員合格です。
理学療法学科T部は、快挙となる6年連続で合格率100%でした!!
また、理学療法学科U部においても、設立以来、卒業生が全員合格を果たしました!!
先生を信じ、自分たちを信じ、ご両親から暖かいご支援をいただき、努力の結果、4年間頑張った素晴らしい結果が出ました。
理学療法学科T部8期生・理学療法学科U部2期生の皆さん、合格おめでとうございました!

 

■ 関連施設 広尾整形外科が開院!
平成17年4月1日、医療法人社団博聖会 広尾整形外科が東京都渋谷区広尾に開院しました。
当院を運営する医療法人の理事長は本校の小関理事長が兼務しています。地域医療に貢献するとともに、最新の理学療法の実践の場として活動しており、本校よりの臨床実習生の受け入れも開始致しました。
当院の特徴は230uの大規模なリハビリテーション室を保有し、理学療法士による運動療法を中心とした治療を行っていることです。
また、スポーツリハビリテーションも盛んで、室内にスポーツ動作スペースを設置し、各種スポーツ動作の分析を行い、治療に役立てております。
 
広尾整形外科 ホームページ http://www.hoc.or.jp/
 
広尾整形外科外観広尾整形外科内観
 
広尾整形外科 財前先生 朝日新聞に取材されました!

平成18年10月29日発刊の朝日新聞にて、本校理学療法学科卒業生
(第一期生) の広尾整形外科リハビリテーション科 科長 財前知典先生が特集
されました。

また、財前先生は本校理学療法学科T部・アスレティックトレーナー学科を対象に機能解剖学・臨床スポーツ医学などを担当しております。
授業だけではなく、臨床実習やクラブ活動などにおいても熱心に在
校生に指導して下さいます。

※クリックすると大きく表示されます。(PDFファイルが開きます)




藤原 務くんがJリーグに取材されました!


藤原 務くん 本校理学療法学科(卒業し、現在は広尾整形外科にて従事)藤原務くんが、Jリーグ選手を対象にしたセカンドキャリア支援を行う(社)日本プロサッカーリーグ(Jリーグ) キャリアサポートセンターより取材されました。

この取材の趣旨は、現在プレーを離れ別の道を進み始めているJリーグOBが、その道 を選ぶまでの経緯ややりがいなどについて紹介し、いかにして引退の決断をしたのか、Jリーグの取材を受ける藤原君
なぜ今の道を選択されたのか、など引退後に様々な選択肢があることを伝えるものです。

藤原くんは、勉強に積極的に取り組み、クラブ活動でもサッカー 部で活躍しています。来年には、いよいよ臨床実習が始まります。 目標にむけて、全力で頑張ってください!

Jリーグの取材を受ける藤原君    
    
    
■ 藤原くんのコメント
クラスの友達
私は高校を卒業したと同時にJリーグ セレッソ大阪に入団 し、プロサッカー選手としてのキャリアをスタートさせました。
現役時代はケガに苦しみ、リハビリを行いながらのプレーであったこともあり、引退を決意しました。現役時代は、試合に出られない悔しさや、辛抱強さを学びました。
その分、はじめてベンチ入りした時のうれしさや、デビュー戦の時の感激や緊張は、一生忘れることがありません。
現在は、サッカーを通じて学んだ経験を将来に生かすため に、東都リハビリテーション学院にて理学療法士を目指しています。
東都リハビリテーション学院に入学したきっかけは、スポーツ医学分野が充実しており、五輪ドクターなどから講義を受けられるからです。リハビリテーション講義
クラスの友達も皆仲良く、元々スポーツをしてきた人が多い ので、色々な情報交換が出来ます。
Jリーグで経験した事を生かし、選手が少しでも現場へ復帰出来るように、今後は選手の気持ちも考えながら、活躍したいと思っています。
皆さんも、色々な経験を理学療法士として、仕事に生かしてほ しいと思います。
 
※クリックすると大きく表示されます。(PDFファイルが開きます)
 
 
参考URL:Jリーグ キャリアサポートセンター(http://www.j-league.or.jp/csc/